コカ・コーラの経営者は20年後は変わっているだろう。それでもコカ・コーラの優位性は変わらないと思うから投資するのだ。

イービッタ倍率とROIC、WACCを手計算してみた。公表するのは、東証1部目指すスターマイカと昇格最強銘柄キーエンス。

スターマイカ
イービッタ倍率 15.53倍

EV=時価総額+有利子負債ー現金=22750+35582ーRO3260=55072
EBITDA=営業利益+減価償却=3258+286=3544

EV÷EBITDAとなる。基本、四季報の数字を使う。楽天で答え合わせもできるけども、時価ではない。楽天では13.92倍

これだと投資する気になれない。3から4倍が好ましい。マイナスだと激熱。6倍までか?

ということでROICとWACCチェック

ROIC=3.95%
    =営業利益×(1-税率)÷(自己資本+有利子負債)

四季報から出したい。というかGMOと一致するので10年分をそっちでチェックする。

WACC=ROD(%で計算する)×(1-税率)×有利子負債割合+ROE×株主資本割合

ROD=支払利息(営業外費用で決算短信に掲載)÷有利子負債(短期+長期)=561233÷35380273=1.59%


ROE=営業利益×(1-税率)÷時価総額=8.6%

WACC=1.59×0.6×0.6+8.6×0.4=4.0くらい

ROICとWACCが同額なので長期投資すると地獄行きとなる。税率は0.4で計算しました。

キーエンスは

イービッタ倍率21倍

ROICが2.75%でスターマイカより低いけども

WACC=RODが0となり、ROEがWACCとなる。ROEが0.02%のため

ROIC-WACC=2.73のため、スターマイカよりはるかに長期投資に向いている。

WACCは一般的に5くらいらしいので、0.02は異常なのか?ただ、WACCを上回るROICを出す企業に投資しないといけないのは確かです。長期投資で5年以上の場合かな?

ROEの計算が投資家の腕の見せ所ですね。とりあえず今は、営業利益×0.6÷時価総額で計算しています。

ROIC>WACCの会社に投資するのは当たり前として、過去3年間から未来3年間でROIC>WACCになりそうな会社に投資します。

WACCを下げる努力、ROICを上げる努力をしている会社に投資する。WACCを下げるにはどうすればいいかというと、時価総額をあげるか、営業利益を上げるしかないと思うんですよね。キーエンスはWACCをどんどん下げていった感じです。

投資するというよりも、こういう会社には投資しないという指標を作りたい。その一つがROIC<WACCを何年間も続けている会社。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
プロフィール

キズイ

Author:キズイ
2009年12月から株式投資を開始

市民マラソン大会のときのベスト記録
5キロ   
15分30秒くらい
10キロ  
32分45秒くらい
ハーフマラソン     
1時間12分12秒くらい
フルマラソン  
2時間42分くらい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
株の譲渡益の記録(配当、優待除く)
2009 200円 2010 20万円 2011 40万円 2012 100万円 2013
月別アーカイブ