人間(企業)の価値は持っているキャッシュの大きさではなくて、キャッシュフローを生む大きさで決まる。

V-com2様の新刊がでました。会計が中心の内容でした。初めて出した本は本人にサインをもらいました。でも、キンドルで買ってしまったので、もう本にサインしてもらうことができません。

今週は、300万円資産が減りました。2銘柄に分散しておいてよかったです。一週間だけみれば、300万円損失ですが、一年間でみると1000万円以上自分の資産が増えているので、いい投資はしているんじゃないかと。

会計に着目ではなくて、ファイナンスに着目していきたいと思っているのですが、難しいです。キャッシュフローが安定的にプラスな会社は少ないですし、業種によっては、運転資本が大きくなったり、小さくなったりで安定してなかったり。基本、借金がある銘柄には投資はしないんですけども、これではダメなんですよ。バランスシートの右側ではなくて、左側を見て、投資できるようにならないと、ゴルフドウみたいな会社に投資はできない。

DCF法をやる前に、イービッタ倍率とEVAで判別しようかなと。どっちで先に分別するかという話です。

イービッター倍率は買収代金を回収するのに何年かかるかを示す。高くて、6倍、おおむね3から4年で投資回収したい。

EV=時価総額+有利子負債ー現金同等物
EBITDA=税引き前営業利益+減価償却

EV÷EBITDAとなる。この指標を先に使うと、モノタロウやキーエンスみたいたROICが高い企業に投資できなくなるデメリット。ただ、この指標がマイナスで尚且つ東証一部目指し、時価総額が40億未満の会社は激熱。投資は基本ハイリスクハイリターンだが、ローリスク、ハイリターンとなる。リスクは不確実性(ボラリティ)のことだよ。

EVA=(ROIC-WACC)×投下資本
投下資本利益率が資本(調達)コストをずっと上回る会社に投資したいなと。

ROIC=税引き後営業利益÷投下資本(自己資本+有利子負債)
WACC=ROD×(1ー税率)×有利子負債の割合+ROE×株式時価総額の割合

調達コストの有利子負債の割合=有利子負債÷(湯利子負債+株式時価総額)

ROE=税引き後純利益÷株式時価総額

RODは決算短信から支払い利息と有利子負債の全体の割合となる。

なるべくなら、四季報から計算したい。

ファイナンスでは、持っているお金の額や、その年たまたま稼いだ金額ではなく、将来にわたってどれくらい稼げるかで価値が決まる。将来にわたって、大きくなりそうな会社に投資するだけ。

今、関東から関西に進出する会社と、関西から関東に進出する会社で、両方とも東証一部を目指していることを名言している会社のどちらに集中投資しようか迷っています。関東から関西は成功が簡単そうなんですよね。トリイさん、めっちゃ苦労しているし。関西から関東は凄く難しいような感じがするが、ヒト、モノ、カネのヒトがよさそうな会社なんですよね。会計ではわからない、無形資産のヒトがよくない会社に投資はしたくないからね。関東じゃなくて、中部なら集中投資するのに・・。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
プロフィール

キズイ

Author:キズイ
2009年12月から株式投資を開始

市民マラソン大会のときのベスト記録
5キロ   
15分30秒くらい
10キロ  
32分45秒くらい
ハーフマラソン     
1時間12分12秒くらい
フルマラソン  
2時間42分くらい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
株の譲渡益の記録(配当、優待除く)
2009 200円 2010 20万円 2011 40万円 2012 100万円 2013
月別アーカイブ