投資での最大のミスは、あまりに高いリターンを狙って、それに伴う悲惨な結果に繋がりかねないリスクを負うことだとお伝えします。

昨日は、アイル様のセミナーに行ってきました。

講師はみやびさんでした。ブログを拝見していたことがあり、楽しみでした。

テーマは投資の効率化でした。今回は、資料を貰えませんでした。でも、携帯で資料を見ている方がいて、仲間には資料を配っているのかもと。

今回、一番心に残ったことは、かぶ1000さん?の3つ質問があります。まず、それがひとつめ、次に、これが2つめ、最後にみたいな言い方がカッコイイと思いました。

自分の質問は、みやびさんの入口戦略はなんとなくわかりましたが、長期で保有している、ギガやウィルの出口戦略があったら教えてほしいという内容でした。しかも、すぐにマイクをアイル様が・・・。要注意人物リストに入っているのかもしれませんね。このセミナーは質問コーナーが一番面白いです。

PERが40倍くらいだったら売るみたいな感じでしたね・・。入口戦略が定量オンリーな感じがしたので・・。入口は成長が3期連続8パーセント越えみたいな感じでしたので、出口も3期連続8パーセントを超えられなかったら、みたいなのを混ぜたら、若干うけたかもと思いました。あと、成長が20%越えしている銘柄でPERが10倍程度の銘柄サイコー?とおっしゃられていましたが、長期目線でいうと、成長率が高い銘柄は新規にどんどんライバルがくるかもなので、成長率は5から15程度の方がいいかもとプロの方がいっていましてなるほどと。それぐらいであれば、新規に参入しても儲からないらしいです。

久々の質問でしたので、緊張しました。セミナーに参加したら、爪痕を残せるように頑張りたい。yamaさんぽい人がいました。今度、お見掛けしたら、話しかける頑張る。

PERや配当利回りやPBR、売上高成長率など、数字をすごく気にする定量投資家というイメージでした。それでも、3年も同じ株を持ち続けられるのは凄いと思いました。定性分析をもっと詳しく聞きたかったです。

バリュー投資家、グロース投資家、モメンタム投資家、配当投資家、優待投資家、短期投資家、長期投資家いろんな投資家がいます。でも、目的は共通で利益を得るということ。

安い株を買うのではなく、株を安く買うことが大事。

割安な株とは、将来のキャッシュフローを現在価値に割引いて得られる内在価値よりも、そのときの市場価格の方が低い銘柄のこと。

DCF分析というのをできるようになりたい。自分みたいなパート投資家だと若干厳しい。でもバフェット様が時価総額世界第1のアップルを2016年11月から12月?に買い増しして、大株主第5位になったらしいです。PERが15倍以下でおそらく買っている?

日経会社情報が2017年3月で休刊とのこと。2016年12月号は2銘柄、私の名前が掲載されています。なぜか、四季報12月号は1銘柄だけ。買おうかどうか迷います。

とりあえず、あと8銘柄掲載されるように頑張ります。そしたら、自己紹介で四季報に10銘柄以上掲載されていますと自慢ができるので。

儲ける方法はシンプルに、上昇相場で売り、下落相場で買う、売った銘柄がさらに上がっても無視、買った銘柄がさらに下がっても無視、私はこれを一生繰り返して見せる。短期売買生活まであと残り25日・・・。去年もそう思っていたのに、手数料無料を延長するから・・・。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
プロフィール

キズイ

Author:キズイ
2009年12月から株式投資を開始

市民マラソン大会のときのベスト記録
5キロ   
15分30秒くらい
10キロ  
32分45秒くらい
ハーフマラソン     
1時間12分12秒くらい
フルマラソン  
2時間42分くらい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
株の譲渡益の記録(配当、優待除く)
2009 200円 2010 20万円 2011 40万円 2012 100万円 2013
月別アーカイブ