営業キャッシュフローは、営業利益より多いことが望ましい

今週、爆買いした銘柄ですね。

下方修正しない銘柄です。もちろん四季報掲載狙っています。経営目標が営業キャッシュフローと売上高利益率を高めるという、至高の銘柄です。

イギリス製品を輸入している会社なので、イギリスが崩壊?したときからずっと狙っていました。

この買値で、四季報に掲載されるギリギリのラインなので、もっと安くならないと駄目かもしれません。

資産回転率が高い会社は、参入障壁が低く、やろうと思えば、すぐに始められる業界だということ。

稲盛和夫さんは売上高営業利益率が10パーセントを超える企業を目指すべきとおっしゃっています。

現金収支が潤沢であれば債務超過でもいいという「キャッシュイズキング」という考え方

 世界の時価総額50位以内に債務超過のたばこの会社が入っているんだって。これを知っていたら、欠損金がある状態で損切りした自分が馬鹿だったなと。

冨士ダイスが爆上中です。中小型ファンドマネージャーが買っていた日経記事ですね。たぶん。ジャパンミートより圧倒的に割安ですからね。ジャパンミートは今、流行の買値にこだわらない、投資という奴か?必ず、損切りしなければいけない投資法。必ず、損をする投資法ですね。必ず、損をする投資法がブログを見ていると、流行っているなと感じます。

企業の不正を見極めて空売りする米グラウカスリサーチグループが日本市場に参入する。企業の本質的な価値と株価の乖離に投資機会を見出す。

 一つの企業のレポートに500時間から600時間かけてるんだって。こういう人達とは絶対、戦いたくないです。

スクリーニングに使う指標は決めています。だから、四季報通読という非合理的で退屈なことからは逃れられます。でも、スクリーニングした銘柄でどれに集中投資しようかということが迷うんですよね。そこが、今年の夏の課題・・・。

今週、買った銘柄もホントはもっと安く買いたいんですよね。この買値だとあと1600万円必要です。四季報掲載されるまで買うとなると。

貧しいことは恥ではない
貧しさから脱出しようと努めないことは恥とされる





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
プロフィール

キズイ

Author:キズイ
2009年12月から株式投資を開始

市民マラソン大会のときのベスト記録
5キロ   
15分30秒くらい
10キロ  
32分45秒くらい
ハーフマラソン     
1時間12分12秒くらい
フルマラソン  
2時間42分くらい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
株の譲渡益の記録(配当、優待除く)
2009 200円 2010 20万円 2011 40万円 2012 100万円 2013
月別アーカイブ