投資するなら、大きな視点でモノを見ましょう。投資しましょう。この会社に、100年後の日本の為に。

結局、日本の社会貢献いや、世界の発展に貢献できるまたは社会に必要とされる会社に投資すればいいかなと。

アベル?さん オールラウンダーらしい パクリ投資らしい。
でらさん 兼業なので、株で大損しても大丈夫な投資家らしい。アメリカ株やバイオ株も手がける。
かんちさん 優待投資家 優待利回り4パーセントが限界らしい。成長株も優待株限定らしい。
かぶ1000さん PER×PBR=2以下は鉄板らしい。
株水兵さん 質の高いROEで10から15を10年以上続けられるような銘柄を探しているらしい。
大膨張さん 業績の進捗率を凄く気にするらしい。保有株の入れ替えが激しいみたい。

かぶ1000さんに自分のブログを紹介しました。もう少し、話をしたかったが、かぶ1000さんは人気者なので、1分ぐらいしか話ができませんでした。アップルの話で、購入したときにPER×PBRが2以下だったらしい。大株主になるまで、買い集めるつもりだったみたいな話をされていました。半分ぐらいしか買い集めていないのに、保有株として、ブログに掲載されていらっしゃる。グレアム様を尊敬していることが伝わりました。PER×PBRという指標は面白いなと思いました。投資で儲けようという気持ちはないみたいで、割安だから買っているそうです。結果的に、儲かっているということかな。

かぶ1000さんも神戸大学非常勤講師?の方も、株式投資で儲かっている人は2割未満だと。それが信じられないんですよね。負けている人が周りにいないので・・。

6人の講師の投資の哲学というのが私と比べて、とてもしっかりしているなと思いました。ぶっちぎりで凄かったのが株水兵さんでした。見た目だと、だれが株水兵さんかわかりませんでした。でも、しゃべりで100%わかりました。株水兵さんに何度か話しかけようとしましたが、他の投資家から20代だと思われて言われる、なめられている私には、とても無理でした。エクイティと言っていたのが、カッコイイと思いました。デットの話しはなしでしたが。三方よしのROEの話しをされていて、私はROEの数字だけに囚われたことに気づかされました。エクイティという用語を使う時点で、もしかしたらDCF法で投資されているのかなと思いました。

アベル?さんだけは全くの謎です。ネットで一所懸命調べましたが、わかりませんでした。

私も、投資歴が現時点で20年くらいあれば、四季報に十銘柄以上掲載されている投資家として、座談会にアイルさんからオファーがあったのかもしれませんが、2銘柄しか掲載されておらず、投資哲学が割引率80%くらいなので、圧倒的に無理ですね。凄いイジメにあいそうです。信頼関係ができていないので、イジリにはなりません。

100年後の会社へのメッセージで、社長が日本人の人口が減少しても全然大丈夫。地球は人間が急激に増えすぎ。バランス良く、人間、植物、動物、トラも生活できる環境を維持していかない。人口減少はとてもいいことだと思っているとのこと。

社長~!私も5位の大株主様がお亡くなりになるまでは、売らないよう努力しますので、安心してくださいませ。第5位の株主様みたいに死んでも売らないという約束はまだ、できません・・。講師の一人が雑誌で大絶賛していたので、会場で質問しようかなと思いましたが、大株主なので、目立つ行動はやめとこうかなと。質問のしかたは、この銘柄は2つの投資法のうち、どちらでしょうか?です。ストーリーAは、その投資法だと4パーセントの壁をぶち当たっていますけど・・。ストーリーBは、でもこの株は、数値上は全然成長していませんよ?です。かぶ1000さんみたいにストーリーは3つありませんが・・。かぶ1000さんは3という数字が好きなんだろうか?質問もいつも3つですし。ストーリーも3つですし。たまたまかもですが。

日本人の人口減少は悪いことみたいな風潮に流されていましたが、100年後へのメッセージで考えが100%変わりました。大きな視点でモノを見ることができるように頑張ります。

損をする確率が小さい銘柄を探す。

らすかる様のセミナーに行きました。

らすかるさんのデータ
2004年から投資
長期投資家で主力ホクリヨウ、薬王堂、準主力が昭栄、アメイズ
月次がある銘柄しか投資しない?
ブログ、ツイッターあり。

増収増益で本業が好調なら売らないとのこと。

増収増益が想像できそうな銘柄に投資しているようです。出店余地というやつです。

かぶ1000さんの第一の質問で、アークランドサービスの投資の根拠は?という質問でPERがいくつとかPBRがいくつとか・・・。らすかるさんの解答が自分と全く一緒でした。私も投資するときは、時価総額しか見ないので・・・。

平均勤続年数は、勤続年数の平均であって、入社してから会社を辞めるまでの平均ではありません。勘違いしていました。

らすかるさんとは考え方が似ているので、疑問に思うことがありませんでしたが、一つだけ。なぜ、銘柄を公表するのかということ。これも、調べればわかるかなと。たぶん、パフォーマンスランキングに関係しているのかなと。

DCF法は、未来を重視する投資法、イービッター倍率は過去を重視する投資法らしい。本屋では株関係のコーナーと会計コーナーしかいきませんでしたが、最近は、企業価値やファイナンスコーナーにもいくようにしています。会社を売る側は、高く売りたい。買う側は安く買いたいというのがあるみたいです。

バフェット氏がコカ・コーラに投資したときの指標は、PER12倍、PBR5倍くらいでROEが50%だったらしいよ。それが10年続くと、バフェット氏は計算したらしいです。そして、PERが150倍のときにコカ・コーラ売却したそうな。

PBR一倍以下の会社は、投資家はこの会社は稼ぐ力がないと評価しているみたいなので、投資するときはPBRが2倍以上みたいなことをスクリーニングしても面白いかもと。

ROEが50%は会社の純資産が毎年複利で50%増えていきます。

小宮さんと阿部さんの対談の本が面白かったです。
ROE>ROIC>ROA>WACCという式が理想だそうです。ROAがWACC上回ればOKみたいです。

日本PCサービスがストップ高・・・。割安な指標はPSRが0.13倍。本業がマイナスなのでイービッター倍率が計算できません。
ここも一時期、4000株ほど保有していました。四季報掲載されたくて。でも、保有する根拠がなくて。

でも、ここは訪問サービスをいう儲からないビジネス、やりたがらないビジネスをしている。それが堀なのかもしれない。会社が倒産するのって、凄く難しいと思うんですよね。当時はバランスシートの右側を重視する、会計投資でした。どんだけバランスシートの右側がよくても、スカイマークみたいに倒産しますし。

キャッシュリッチは総資産の20%以上らしいです。

個人投資家パフォーマンスみてて思うんですが、%で表示しても参考にあまりならないんですよね。あれがはやりなのか、他の人も真似して、今年何パーセントみたいな。パフォーマンスが一位の人が36パーセント。サイト見ると、年151万プラスのよう。一位の人が4か月と14日で151万円。私は800万円プラスなんですけど。

企業に置き換えると、ROEという指標かもしれませんが。それよりも、いくら稼いでいるのか実額を、分子と分母を知りたいです。らすかるさんのセミナーのときにも聞こうかなと思いましたが、嫌がっていたのでやめました。

投資での最大のミスは、あまりに高いリターンを狙って、それに伴う悲惨な結果に繋がりかねないリスクを負うことだとお伝えします。

昨日は、アイル様のセミナーに行ってきました。

講師はみやびさんでした。ブログを拝見していたことがあり、楽しみでした。

テーマは投資の効率化でした。今回は、資料を貰えませんでした。でも、携帯で資料を見ている方がいて、仲間には資料を配っているのかもと。

今回、一番心に残ったことは、かぶ1000さん?の3つ質問があります。まず、それがひとつめ、次に、これが2つめ、最後にみたいな言い方がカッコイイと思いました。

自分の質問は、みやびさんの入口戦略はなんとなくわかりましたが、長期で保有している、ギガやウィルの出口戦略があったら教えてほしいという内容でした。しかも、すぐにマイクをアイル様が・・・。要注意人物リストに入っているのかもしれませんね。このセミナーは質問コーナーが一番面白いです。

PERが40倍くらいだったら売るみたいな感じでしたね・・。入口戦略が定量オンリーな感じがしたので・・。入口は成長が3期連続8パーセント越えみたいな感じでしたので、出口も3期連続8パーセントを超えられなかったら、みたいなのを混ぜたら、若干うけたかもと思いました。あと、成長が20%越えしている銘柄でPERが10倍程度の銘柄サイコー?とおっしゃられていましたが、長期目線でいうと、成長率が高い銘柄は新規にどんどんライバルがくるかもなので、成長率は5から15程度の方がいいかもとプロの方がいっていましてなるほどと。それぐらいであれば、新規に参入しても儲からないらしいです。

久々の質問でしたので、緊張しました。セミナーに参加したら、爪痕を残せるように頑張りたい。yamaさんぽい人がいました。今度、お見掛けしたら、話しかける頑張る。

PERや配当利回りやPBR、売上高成長率など、数字をすごく気にする定量投資家というイメージでした。それでも、3年も同じ株を持ち続けられるのは凄いと思いました。定性分析をもっと詳しく聞きたかったです。

バリュー投資家、グロース投資家、モメンタム投資家、配当投資家、優待投資家、短期投資家、長期投資家いろんな投資家がいます。でも、目的は共通で利益を得るということ。

安い株を買うのではなく、株を安く買うことが大事。

割安な株とは、将来のキャッシュフローを現在価値に割引いて得られる内在価値よりも、そのときの市場価格の方が低い銘柄のこと。

DCF分析というのをできるようになりたい。自分みたいなパート投資家だと若干厳しい。でもバフェット様が時価総額世界第1のアップルを2016年11月から12月?に買い増しして、大株主第5位になったらしいです。PERが15倍以下でおそらく買っている?

日経会社情報が2017年3月で休刊とのこと。2016年12月号は2銘柄、私の名前が掲載されています。なぜか、四季報12月号は1銘柄だけ。買おうかどうか迷います。

とりあえず、あと8銘柄掲載されるように頑張ります。そしたら、自己紹介で四季報に10銘柄以上掲載されていますと自慢ができるので。

儲ける方法はシンプルに、上昇相場で売り、下落相場で買う、売った銘柄がさらに上がっても無視、買った銘柄がさらに下がっても無視、私はこれを一生繰り返して見せる。短期売買生活まであと残り25日・・・。去年もそう思っていたのに、手数料無料を延長するから・・・。

本来の価値よりも安く見積もられている株を、そして長い目で見れば成長し続ける株を選ぶ。

1勝4敗だと四季報に掲載されることは難しい。私はそのようなゲームをしたいと思わない。
しかも、本来の価値というのを無視していますからね。でも、私が四季報掲載される銘柄はDUKE。さん銘柄なんだよね。

四季報か日経会社情報買おうか迷いましたが、四季報買うことにします。なぜならROAが日経会社情報には掲載されていないのと、会社の予想が四季報の方が細かいからです。

名証IRに参加しました。

大膨張様でも一番保有している銘柄の金額は数百万らしいです。それでは、四季報に掲載されることはできません。私は分散から集中へと変わりましたが、その反対のようですね。

ようこりんと話をしました。隣にようこりんが座っていたので、なんて話かけようか頭をフル回転させました。

「テレビでお見かけしたことがあります」

つかみはこれでOKかな・・。有名人に対しては、本を読みましたとか、ブログ見ていますというのがいいのかも。

社長と話をしました。大株主ですね。四季報に掲載されているんじゃないですか?と言われました。うれしかったけど、自分のことよりも、聞きたいことは2つ。今、思えば3つありました。

大株主のあの人のことと、なぜあれをしないのかということ。

なぜあれをしないのかということは、周りからも言われているみたいです。社長の答えは、私はズボラですから。超売りたいと思いましたよ。でも、四季報掲載1銘柄の社長がズボラの正反対なので、バランスがとれているのか?

大株主のあの人は、やはりあの人。死んでも売らないと約束したみたいです。今は、ゴルフ三昧のようで・・。その人も銀行が金を貸してくれない経験があるらしく、早く上場しろよとかわいがられてたみたいですね。

聞きたかったことは、いつも長期で借りた金を一年で返すんですよね。あと、取引先が増えているのに、下方修正はなんで?と。

受取手形・・銀行からの証書
売掛金・・・口約束が多い
製品・・自ら製作したもの
商品・・・他人から仕入れたもの

ヘリコプター政策は空から現金をまくように政府が減税や給付金で国民に金を届けること。
 
10年間納めただけでもらえる年金額は月1万6千円

営業が投資+財務より大きくないと駄目

有形固定資産の取得が減価償却費より大きくないと駄目

重要な指標は4つ
ROE
レバレッジ比率 他人資本÷自己資本
総資本回転率
売上高純利益率

レバレッジ比率と財務レバレッジは違うみたい。財務レバレッジは総資本÷自己資本です。

財務レバレッジは1に近ければ近いほどいい。自己資本と他人資本が半々で2となる。

というかデュポンの公式が最強ということです。

ファーストがストップ高になったのも、売上高総利益率が50.7%と0.9%改善したかららしい。粗利益が高い業界は新規参入が凄そうです。


ユニクロは1994年に広島証券取引所に上場しています。投資するなら、野心的な経営者に投資したいと思います。

社長は100年続く企業を作るとおっしゃられていました。とりあえず、買いたい銘柄がないのでガチホしますが、ズボラなのと、商売始めた理由が、儲かるからって、う~んです。数百万の投資なら、売っていたかもです。ここからは、ホームワークが大事になります。

ビジネスモデルの分析を私はできない。その嫉妬が今週、終わり、ホットしています。今度は、議論に参加できるように頑張る。私もバフェット様と同じ道をたどりたいから・・・。不思議に思ったのが、圧倒的に割安な銘柄のビジネスモデルを分析しても、意味があるのかと。

迷いは、バリュー銘柄がバリューじゃなくなったときですよね。このときにビジネスモデルというのが大事になってくるとは思うんです。



安全域は常に支払う価格によって決まる!これが答えだ!―( ̄□ ̄;)!!

昨日の、株セミナーでは今亀庵さん(推定資産20億円)、かんちさん(推定資産3億円)、たーちゃんさん(推定資産10億円)に会うことができました。たーちゃんさんとだけ少し会話して、アイルさんにセミナーと関係ない質問はやめてくださいと怒られました。( ̄□ ̄;)!!

アイルさんのセミナーのあと、たーちゃんさんのセミナーがありました。

アイルさんのセミナーで
⑦買うタイミングも大切だが、売るタイミングはそれ以上に重要!
アイルさんが売るタイミングがわからないというので、アイルさんに教えにいこうと、休憩時間にアイルさんの側までいきました。そしたら、アイルさんにバリュー投資マニュアルにサインをもらっている人がいてびっくりぽんや。株は忍耐とサインしているのをみて、「そうだ、人に教えたくても我慢しろと昨日のブログに書いたばかりじゃないか、問いは問いで返すんだ」と思い、ブログで答えを書くことを決意しました。でも、ブログでは問いを問いで返しても、このブログは私しか見ていないので、答えを書きます。

ミスサプライズされた割安の銘柄を買う。投資とはそういうものなのです。空売りするひとは割高の銘柄を売るということよ。

それを守れば、売り時なんていつでもいいんです。売りたいときに売ればね。

損切りする人は買うタイミングが間違っている可能性が99%

たーちゃんさんのプロフィール 座席が隣の人に聞きました。
 たーちゃんさんてどんな人なんですかと質問しました。結構、相手にしゃべらせることに成功しました。相手に気持ちよくしゃべってもらうことに意識を集中しすぎて、何しゃべっていたか忘れました。( ̄□ ̄;)!!逆張り投資家というくらい?

たーちゃんさんは私が拝見するブログで政治家になったらと言われるほど、IQが高そうな人でした。過去のブログ見ると、勉強会を催していたこともあったみたいです。2月に始めて、セミナー参加したみたいで、そのときにアイルさんに声をかけられたみたいです。私はアイルさんに怒られてしまったので、しばらくセミナーは自粛します。

セミナーでは石油の話がほとんどで、私は苦手だったので、ずっと、ダンドーを読んでいました。

質問タイムの時間
 たーちゃんさんのポーフォトリオが株6、現金4。今の私と全く一緒。
 今は弱気で、ポジションをすべて現金にしたいが、1銘柄に1億円投入している銘柄もあり、市場では売ることができないらしい。
 日経平均が1万円割れでガッツリ買いたいらしい。

ここまでの流れがあり、私が質問した内容

  私         「1銘柄に1億円て、凄い集中投資ですね。もしかして、四季報に掲載されていますか?」
  たーちゃんさん 「う~ん・・・・」
  私         「いえない?」
  アイルさん    「セミナーに関係ない質問はやめてください。(^--^#)ムム」

初めて、四季報に掲載されている投資家に会うことができました。(*゚▽゚)ノ

株資産100億円以下確定のたーちゃんさんはバリュー投資家らしい。日経平均に対して、弱気。
株資産1000億円以上確定の阿部修平氏もバリュー投資家。日経平均が2020年までに4万円を目指すらしい。

阿部修平氏は「株しかない」という本を出版されています。しかも、アイルさんがサインした本に阿部修平氏の名前が。

どちらのバリュー投資家の予想が勝つのでしょうか?未来のことは、私は予測しません。だから6639も買いま~・・・。

たーちゃんさんができたら、すべてポーフォトリオを現金にしたいといったのが、ひっかかります。ケリーの公式を知らないんじゃないかと。ギャンブルが凄く、好きといっておっしゃっていたので、知っているかもしれませんね。

質問タイムで、私が「いえない?」とたーちゃん様に聞いたのは余計でした。私がバカでした。

相手が黙ったときは、こちらも黙る。もし、次があれば、気をつけます。m(。_。;))m ペコペコ…



リンク
検索フォーム
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
プロフィール

キズイ

Author:キズイ
2009年12月から株式投資を開始

市民マラソン大会のときのベスト記録
5キロ   
15分30秒くらい
10キロ  
32分45秒くらい
ハーフマラソン     
1時間12分12秒くらい
フルマラソン  
2時間42分くらい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
フリーエリア
株の譲渡益の記録(配当、優待除く)
2009 200円 2010 20万円 2011 40万円 2012 100万円 2013
月別アーカイブ